ハレクモ日記

古本ハレクモの日記です。イベント、委託などで古本を売りつつ文章を書いたり、木を彫ったりしています。出店情報などはツイッター@bururian、インスタグラム@hare₋kumoへどうぞ。

5月14日

先週土曜日、京都。

泣く子も黙る古本屋、善行堂さん、の隣のgorey(ゴーリー)さんで一箱古本市が開かれました。


f:id:meizhizhi-924:20180514201234j:image

 

善行堂の常連さんでブログでもおなじみマサキングさん主催で、出店は、マサキングさん、神保町のヲタどんさん、東賢次郎さん、ら·むだ書店さん、散歩堂さん。もう、皆さん、古本猛者で有名な方々ばかり。その中に、なんかわからんけど、混ぜて頂いたのです。


f:id:meizhizhi-924:20180514201056j:image

 

普段はのほほんと遊んで楽しんでる一箱古本市ですが、このときばかりは流石に緊張いたしました。

 

でも、皆さん本当に優しくしていただき、私はここにいれるだけで幸せでしたので、売上そっちのけで、ただただこの空間に浸っていました。

 

ゴーリーさんは一階がカフェで、お料理めっちゃ美味しいです。コーヒーも好きな味でしたし、ビールも最高でした。(飲みました!)


f:id:meizhizhi-924:20180514201704j:image

こちらはお昼に頂いたパクチーパスタです。また食べたい。

古本市の開かれた二階は、ライブなどよく開催されていて、ご主人は音楽関係のお仕事されてたようで、良いライブが夜な夜な開かれているようですよ。

善行堂のあとはゴーリーさんでひと休み。

ゴールデンコースです。

 

次回は早くも8月に予定されているようですよ!気になる方是非!