ハレクモ日記

古本ハレクモの日記です。イベント、委託などで古本を売りつつ文章を書いたり、木を彫ったりしています。出店情報などはツイッター@bururian、インスタグラム@hare₋kumoへどうぞ。

7月30日 7月に読んだ本②


f:id:meizhizhi-924:20180730102817j:image

 

今月は、五月病さんに借りたマンガ2冊と、ZINEが一冊

 

『仏師』下村富美

まず、五月病さんの漫画の趣味ドンピシャ過ぎてすごいです。私が仏像彫刻してるというので選んでくれたこちら、仏像がどうこうよりも、お話と絵が悲しくて美しくて朝からめそめそ泣いてしまいました。その日は一日心を乱されたまま仕事しました。

 

『赤色エレジー林静一

タイトルは聞いたことあったのですが、始めて読みました。

こんなに人の気持ちを不安定にさせるもの他に読んだことない…。

小説を読むときは、私は、落ちもまとめも展開も期待せずただただその日開いたページの文章を読む(それで面白いと思える小説が好き)ことに慣れてるのですが、漫画にもこういうのあるのか、しかも昔から!ということを恥ずかしながら今知りました。漫画、全然知らんのです。

最初から最後までひたすら不安定。最初とか最後とか、ストーリーを追うのではなく、開いたそのページの不可解さ、なぜか心をつかまれる。全部のページで、もしかしたら言いたいことは1つなのかもしれません。でも、最初から最後まで、読んでしまうんです。苦しい…!

 

続きはまた。