ハレクモ日記

古本ハレクモの日記です。イベント、委託などで古本を売りつつ文章を書いたり、木を彫ったりしています。出店情報などはツイッター@bururian、インスタグラム@hare₋kumoへどうぞ。

2月27日 2月に読んだ本②


f:id:meizhizhi-924:20180227193024j:image

 

『黄色い本』高野文子

 

こちらも漫画です。

短編集。高野さん初めて読みました。

好きです。なんといいますか、読みにくいんですよ、スラスラ読めなくて、ページを戻ったり、セリフを読み直したり、それが面白いと思いました。

普通はスラスラグイグイ読める本が面白いとされてるわけですが、小説でも、それってほんとに面白いってことなんですかね。あ。いや、そうではなくて。

それだけが、面白いの条件でもないだろうと、思うのです。

読みにくくて面白い本もある。

読みにくさも含めて面白い。

本当の面白さのために、作者はあえて、読みにくいところを作っている。

 

なんと言えばよろしいか。

そんなことを、考えました。